月別アーカイブ: 2014年7月

「ふるさと佐賀を世界に自慢できる子どもを育てようvol.3」NATSU祭り 2014年7月28日・佐賀新聞掲載

 「子どもたちには国際人になってほしい。だけど、ふるさとのことももっと大切にしてほしい」―英語で遊べる夏休みのワークショップを8月1日13時半~16時半、佐賀県国際交流プラザ(佐賀商工ビル1F)で開催します。今年で3回目。 毎年恒例の「SAGAの名物を英語で紹介してみよう!」では「ムツゴロウって、英語でなんて言うと?」「有田焼って、英語でなんて言うと?」など … 続きを読む

カテゴリー: ひびの子育て | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

オススメの宅配サービス 2014年7月26日・佐賀新聞掲載

2歳を過ぎると、生来慎重派な息子も外出先でちょろちょろすることが増えた。そうなると大変なのが買い物だ。カートを押して走ったり、商品を次々にかごに入れたり、目が離せない。息子はアレルギー持ちだから、かごに入れる前に原材料をしっかり確認する必要があるのだが、とてもゆっくり見る余裕はない。誤って買ってしまい、もらい手探しをしたこともある。 そんなわが家で重宝してい … 続きを読む

カテゴリー: ひびの子育て | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

活用! 文明の利器 2014年7月25日・佐賀新聞掲載

 息子(2歳半)は小さい時から歌が好きだ。中でも、定番の童謡や子ども向けの歌が好きなようだが、大人になるとさっぱり歌詞を忘れているものも多い。 赤ちゃんの頃は、母親学級でいただいた童謡の本で調べながら歌っていた。しかし、保育園に通い始めると、それでは対応できなくなってきた。保育園で歌った、手持ちの本には掲載されていない歌や、手遊び歌をリクエストすることが増え … 続きを読む

カテゴリー: ひびの子育て | タグ: , , | コメントは受け付けていません。

基山商店「わすれなぐさ」 2014年7月25日・佐賀新聞

佐賀のお酒

 山田酒店の山田晃史店主に聞きました。 基山町の基山商店から初のスパークリング「わすれなぐさ」が出ました。上品でフルーティーな香り立ちで、ちりちりと微炭酸が口を抜けた後に少し米のうまみを感じます。アルコール度は16度で、米は美山錦を使用。 基山商店の社長・小森純一さん(72)の長男で同専務の賢一郎さん(35)が今年杜氏(とうじ)となり、新しいお酒造りに挑戦し … 続きを読む

カテゴリー: 佐賀のお酒 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

大量データの活用 次の施策検討する材料

0725_002

 佐賀県は今月8日、データサイエンティストの第一人者として国際的に活躍する工藤卓哉氏(アクセンチュア)と、データ分析に基づく政策立案を始めると発表した。 近年のインターネットやクラウド、スマートフォンなどのモバイルの分野を中心としたICTの発達と普及により、大量のデータの収集・蓄積が可能になっており、これらのデータをビジネスや課題の解決に向けて活用するために … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。