月別アーカイブ: 2013年10月

うちの子どうかなぁ? 親と支援の現場から(下)「学校の実践」 – 佐賀新聞 -

算数の授業で割り算の答え合わせをしたり、解き方を教え合ったりする子どもたち=北川副小

割り算に手こずっている子の机の周りに、クラスメートが一人、二人と寄ってきた。佐賀市の北川副小学校。4年生の算数の授業は、筆算で3問を解くのがこの日の「めあて」。ノートとにらめっこしていた子は通級指導教室に通っている。「答え合わせしようか!」。先に解けた子が声を掛ける。「こうすればいいんじゃない?」とアドバイスする子もいる。障害の有無に関わらず、自然に学び合う … 続きを読む

カテゴリー: 子育て | コメントは受け付けていません。

うちの子どうかなぁ? 親と支援の現場から(中)「幼保小連携」 – 佐賀新聞 -

就学時健診での面接。情緒発達面などを見る=多久市内

子どもたちが元気に走り回る。佐賀県内のある保育園。集団生活の中で、保育士たちが「違和感」に気付く瞬間がある。パニックを起こして園舎を飛び出したり、友達を突然押したり蹴ったり…。 自閉症や発達障害が考えられる「気がかりな子」たちは毎年のように入園してくる。「みんなと同じことをしなくてもいいんだよ」。そんな子たちに声を掛けて落ち着く居場所をつくってあげるのが、保 … 続きを読む

カテゴリー: 子育て | コメントは受け付けていません。

1dayママカフェ~いまどきママのリフレッシュ講座~

 「1dayママカフェ~いまどきママのリフレッシュ講座~」が11月7日、14日、21日の各13時から、唐津市厳木町の旧平之分校で開かれます。子育てに忙しいママに、自然に囲まれた素朴な旧校舎でゆっくりとした時間を過ごしてもらう企画です。旬野菜の食べ比べやスイーツ作りの他にコンサートも楽しめます。  地元住民と共に企画した市集落支援員の有尾仁美さん(54)は「講 … 続きを読む

カテゴリー: ひびの子育て | コメントは受け付けていません。

赤ちゃんパワーでほほ笑み返し

男子高校生の子育て体験=佐賀市の「ゆめ・ぽけっと」

実習生や研修生、そして県外からの視察も多い「ゆめ・ぽけっと」で、「高校生」のふれあい体験がありました。この学校は3年前から全コースの生徒さんが来られて、年に7回ほどの実習を受け入れています。 これまで女子生徒が多いと思われていた高校でも、男子生徒が増えてきました。この日も23人中16人が男子。母親たちとの交流ができるか心配しましたが、ちょうどよく父親が4カ月 … 続きを読む

カテゴリー: ひびの子育て | コメントは受け付けていません。

「子育て」?「子育てられ」?

家族の肖像=ばぶばぶフェスタ2012会場から

 先日、息子の小学校最後の運動会に参加。日々見ているわが子よりも、昔から見てきた同級生たちを見て、6年間の成長を強く感じた。「子育て」という言葉はあれど、親としての自立も自信もままならず。「子」に「育てられる」というのが実態であろうか。  彼に憧れられるよう、彼の可能性を閉ざさないよう、世の中を学び、伝えることが、親業に恵まれたわが使命と強く感じる。子育て論 … 続きを読む

カテゴリー: ひびの子育て | コメントは受け付けていません。