月別アーカイブ: 2012年5月

カブク心の原風景:コスプレと踊りと原発と

しょこたんのコンサートへ来ました

佐賀新聞ウェブサイトで「コスプレ」を検索すると、記事「肥前夢街道にイケメン忍者隊、ご当地アイドル」がヒットした。「肥前夢街道」は佐賀県嬉野市のテーマパーク。忍者に扮した、若く端正な顔立ちの男性10人のユニットがテーマパークのイメージキャラクターとして今年4月にデビューした、という記事で、ユーチューブでは映像も紹介されていた。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

その看板に異議あり 新幹線・長崎ルートの広報

長崎駅前の看板

「羊頭狗肉」という有名な四字熟語がある。看板では羊の頭を掲げていたのに,実際には犬(狗)の肉を売っていたという中国の故事に由来し,「外見と内容が違うこと」「見かけは立派でも内容がそれに伴わないこと」を意味するようになった。現代でも中国では羊頭狗肉的な商売が横行しているようだが,佐賀県や長崎県による九州新幹線長崎ルートの広報活動もなかなか良い勝負をしているので … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ICTが拓く未来① 「鹿島・鍋島大吟醸」

いも

 昨年9月、鹿島市の酒蔵、富久千代酒造の「鍋島 大吟醸」が、ロンドンで開かれた世界的に権威のある酒の品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で日本酒部門の最高賞に輝いた。 第一報は共同通信社からその日の朝にもたらされた。私はこのニュースを、その報道の約2時間半後の昼休みにインターネットで目にした。夕方になって日本酒のインターネット通販サイトを調べたと … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

森本登志男(もりもと・としお)

  岡山県出身。京都大学工学部卒。宇部興産、ジャストシステムを経て1995年にマイクロソフト入社。米国マイクロソフトにも2年在籍した。2008年から総務省地域情報化アドバイザー。11年4月から現職。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

寄る辺なき小さな命

 児童虐待ほど心痛むものはない。生まれてきて、いいことなんか何一つなく親や、同居人から暴行を受け、痛さの中で死んでいく子どもたちが後を絶たない。悲しいことである。 いまわの際、魂が極まって命尽きんとするその瞬間、人は安らぐべき父や母の懐を求めるという。戦時中、死を覚悟した若き特攻隊員が「父さーん、母さーん」と叫んで飛び立ったという話も聞くが、人間にとって深い … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。