月別アーカイブ: 2011年12月

必ずや希望の光が…

 今年、世界人口が70億人を超えた。今、この地球上で9億人もが飢餓にあるというのに、予測では2050年に100億人を超える可能性もあるらしい。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

実現の「壁」は制度や人? 2030年の公共サービス

さらに、20年後の公共サービスの姿を夢見てみたい。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

庁舎に出向く手続きは消滅 2030年の公共サービス

コンピュータの世界では、20年前に夢見ていたスマートフォンやタブレットPCが実現している。まずは夢を思い描くことから現実の変化がスタートする。2011年の終わりに際して、20年後の公共サービスの姿を夢見てみたい。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

佐賀からは見えづらい、被災地のようす

震災発生時は避難施設となった高砂市民センター

家庭で使わなくなった家具や日用雑貨を譲り受けて販売し、益金を全額被災地の再建支援に充てる佐賀市多布施の「くらし塾2号店」。11月分の売上で佐賀産米を購入し、200袋に小分けして12月中旬、仙台市宮城野区の高砂地区であった支援イベントで配った。被災地では、新聞やテレビを見ていても佐賀からは見えない、気付き得ない点が数多くあるのではないか。いつも気になっている。 … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

全国高校駅伝 選手の雄姿は日本一

1区の先頭集団

12月25日,京都市を舞台に全国高校駅伝が開催され,寒風が吹きぬける都大路で高校生ランナーがたすきをつないだ。=写真は西大路通を走る1区の先頭集団。写真中央奥に鳥栖工業の東島彰吾選手=

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。