作成者別アーカイブ: sagablog002

たおやかな時代に育まれ~山下清の世界~

 「旅」と「放浪」の違いは何か。一つには目的があるかないか。そしてもう一つは帰る場所があるかないか。 この定義に当てはめると、49年の人生を素速く駆け抜けていった画家山下清は“放浪の天才画家”と型どおりに当てはめていいのかとも思う。山下清には「日本各地の美しい景色を見たい」という目的があったろうし、帰ろうと思えばその場所もあったからである。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

寄る辺なき小さな命

 児童虐待ほど心痛むものはない。生まれてきて、いいことなんか何一つなく親や、同居人から暴行を受け、痛さの中で死んでいく子どもたちが後を絶たない。悲しいことである。 いまわの際、魂が極まって命尽きんとするその瞬間、人は安らぐべき父や母の懐を求めるという。戦時中、死を覚悟した若き特攻隊員が「父さーん、母さーん」と叫んで飛び立ったという話も聞くが、人間にとって深い … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

餓死事件に思う

 さいたま市で起きた親子3人餓死事件。60歳代夫婦と30歳代の息子に何があったのか。飽食日本で、こんな餓死事件が頻発するのはなぜだろう。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

「人生、易きに流されるな」 荒れた中学M校長の挑戦

 季節はまだ寒の最中だが、早くも受験シーズンインである。これからしばらくは入試、卒業式など学舎の話題が続く。このころになると、いつも思い出す風景がある。ちょうど10年前の、ある中学校の卒業式と、その中学校の校長の顔である。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。

必ずや希望の光が…

 今年、世界人口が70億人を超えた。今、この地球上で9億人もが飢餓にあるというのに、予測では2050年に100億人を超える可能性もあるらしい。

カテゴリー: その他 | コメントは受け付けていません。